横浜市立西谷中学校はどんな学校?先生といじめの口コミは?福島震災原発いじめ加害者との関係は?

スポンサーリンク
24

子供の勉強や将来のことを考えるなら、

入学先に学校の情報はしっかり事前に調べておきたいですよね。

神奈川県横浜市立保土ヶ谷の西谷(にしや)中学校は、今年10月に陸上部の三村香菜実さんが、10月7日に岩手で開催された「国民体育大会」(国体)に、陸上競技女子100mの神奈川県代表として初出場するなど、今注目の中学校です。

神奈川県内の中学校でお子さんの入学先を探している方の参考になればと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

横浜市立西谷中学校について(情報と場所)


学校名:横浜市立西谷中学校

住所:横浜市保土ケ谷区川島町1208番地

アクセスとしては相鉄線の「西谷駅」から徒歩で約8分というところ。

駅から近いですし、学校の近くに駐在所があるのも嬉しいですね。

では次に西谷中学校の学校目標をみていきます。

横浜市立西谷中学校の学校目標

25

横浜市立西谷中学校はの教育方針は以下の3つを掲げています。

【生徒の自己実現を支援するために、次の力を伸ばします】

◎自ら学び、考え、問題を解決する力【知】

◎自他の生命を尊重し、心と体の健康を向上していく力【徳・体】

◎社会の変化に対応し、行動できる力【公・開】

特に「自ら学び、考え」の部分が今の情報過多な時代に即していますね。

雑多に流れる情報の中から「何が正しいのか?」を自分で考える力がみにつかないと、

書いてある情報を鵜呑みにするだけのマニュアル人間になってしますからね。

素晴らしい学校目標だと思います。

学校の目標に続いては、校長先生の教育方針を確認してみました。

横浜市立西谷中学校の校長先生と教育方針

26

西谷中学校の校長先生は村越 茂雄先生。

平成28年4月に赴任されたばかりだそうです。まだ来たばっかりなんですねー。

赴任の挨拶のときに生徒たちにむけて話した教育方針は以下の3つ。

1 『ぬくもり』 を持って人の良いところを見つけてください。(一人ひとりの違いを 認め合い、意見の違いを楽しめる人になって欲しい。)

2 『聴ける 言える』 人になってください。(人の考えをしっかり受け止め、自分の 考えを正確に伝えることのできる人になって欲しい。)

3 『ゆとり』 のある人でいてください。(自分のことで精一杯な時ほど、周囲の人の 気持ちを大切にできると、他の人から大切にされる存在になっていく。なにより自分の 心が豊かになれる。)

子供に「他人の気持」のわかる人になってほしい、という願いがこめられた話ですね。

校長先生の教育方針はよくわかりました。

では、実際にお子さんを通わせていた親御さんたちの「先生」や「いじめ」に関する口コミをみていきたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク