一ヶ月でセンター試験を6割→8割まで点数UPさせたい。各科目の対策は?【英語・古文・化学】

スポンサーリンク
36

センター試験まであと一ヶ月ちょっとですね。

受験生である高校3年生・浪人生は今頃最後の追い込みをかけているところかと思います。

そんな中で、

  • 「実はちょっとセンター対策さぼってた」
  • 「土壇場だけどもっとセンターの点数とりたくなった」
  • 「諦めてたけど、なんとかなるなら今からセンター試験対策を必死でやりたい」
  • 「今までちゃんと勉強してたけど思うようにセンターの点数が上がらない」

色んな理由で今からセンター試験の点数を底上げしたいと考える受験生も少なくないはず。

今回は実際に「あと一ヶ月でセンター試験を6割から8割までとれるようになりたい」という学生へのアドバイスをまとめてみました。

全部を鵜呑みにするのではなく、「コレは自分にも合いそうだ」というアドバイスのみ試してみることをおすすめします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

現在のセンター試験の点数内訳(6割)

32

  1. 英語 120/200
  2. 現代文 80/100
  3. 古典 65/100
  4. 数学ⅠA 80/100
  5. 数学ⅡB 65/100
  6. 化学 50/100

6科目合計460/700 約6.5割 理系志望

この状態からですと、

点数の低い英語と化学の補強が大事になりそうですね。

各科目ごとにセンター試験の得点UP法をみていってみましょう。

センター得点UP対策:英語版(あと40点UP)

33

英語の長文の配点の高さを考えると長文完璧にする方が得点伸ばせるから、文法無視で長文にしぼってやったほうがいい。

センター英語長文の勉強の仕方としては、

  • センターレベルの長文問題集を一冊完璧にする
  • 単語を調べ上げて速読・精読する
  • 解答のプロセスを明確にする
  • 余裕ある限り過去問をやって時間配分や消去法の練習する

上記勉強法に適している問題集は、

  • 「短期攻略センター英語読解編」
  • もしくはセンター形式のやつが良い

短期攻略センター英語「長文読解」 (駿台受験シリーズ)

短期攻略センター英語 読解編 (駿台受験シリーズ)

センター得点UP対策:現国/古文版(あと15点UP)

現国の点数UPよりも確実にとれる古典を参考書と過去問で復習し、点数の底上げを図るべき

センター試験 国語[古文] よく出る過去問トレーニング

センター得点UP対策:数学版(あと15分UP)

数2Bは落としがちな分野2つ。

落としがちな分野の微積と数列、とか数列とベクトルとかを中心にやる

センター得点UP対策:化学版(あと30点UP)

34

化学は点数が低すぎるから全般的にやる必要がある。

具体的には、

  • 坂田アキラの理論有機無機やる
  • 実戦問題集を解く
  • さらに坂田アキラで復習

大学入試 坂田アキラの 化学[無機・有機化学編]の解法が面白いほどわかる本 (坂田アキラの理系シリーズ)

センター得点UP対策:その他

35

現文、英文法、数1A、数2Bの取れてる分野、は全くやらなくていい。弱点に絞ってやるしかない。

間違えた問題の選んだ選択肢で対策が大きく別れるから、全部の教科についてコレを意識したほうがいい。

無機もそうだけど出題者の意図を読みとる感じ

英語なら日本語で考えると正しく見えたり本文に忠実すぎる選択肢は怪しいと思った方が良い

そして消去した選択肢をもう一度チェックして全体の方向性を確認すれば間違いを減らせると思うよ

センター近いしマーク式の問題集を数こなすのがベストじゃないかな。伸び代のある化学、英語、数2に特化してもいい。新しい参考書に手を出すのはおすすめしない。

(まとめ)センター得点UP対策について

センター試験の点数UPは月並みな話かもしれませんが、

  • 伸びしろがある科目をやる
  • やれば伸びる科目をやる
  • 本試験にも利用する科目をやる

が単純かつ効果的です。

今回の相談者の方は「英語(長文)・古文・化学」が特に点数が低かったので、

アドバイスもその3つの科目に集中していました。

特に古文・化学はセンター試験だけならそこまでキツくもないので、アドバイスの通り過去問とセンター試験に特化した問題集をしっかり何度も解いておけば十分に点数UPがはかれるものと思います。

センター試験の点数をUPさせたい!と思っている受験生へ少しでも参考になれば幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク